Velocity

Velocityについて

コミュニティ

ドキュメント

比較

ツール

日本語訳について

You make the decision. あなたが判断してください。

このエッセイのタイトルは「あなたが判断してください。(You Make The Decision.)」といいます。 このエッセイのポイントは、現在利用できる2つの人気のあるツールを使った Web アプリケーションの開発がどんなものかを探ることです。 そのために、これらの技術についてのいくつかの例をお見せします。 これらの例から、普段から使っている人の視点でこれらの技術が理解できるかと思います。

このエッセイの対象者は、JSP に代わるものを探している人です。 また、既に JSP を使っていたり、JSP をもとにした何らかの技術を使用していて、 Web アプリケーションを作成する際の多くの問題点の解決もしてくれるソリューションが 他にあることを知らない人も対象としています。

各ページの最下行でリンクをクリックすることでエッセイを読み飛ばすことができます。 左側のリンクで「YMTD」をクリックすれば、いつでもこのページに戻って来られます。


何を比較するの?

ここでは Velocity と JSP の使い方を比較します。どちらにおいても、 MVC パラダイムの「モデル」と「コントローラ」を提供することで、 Webアプリケーションの作成が容易になる再利用可能なコードのフレームワーク (Turbine と Struts)が使えます。 もちろん「ビュー」としてテンプレート言語(Velocity と JSP)があります。

両者の比較項目は非常にたくさんあることに注意してください。 違いをはっきりさせるため、両者を利用する際の各種機能の比較はしません。 むしろ、両者の利用のしかたについて比較を行おうと思います。

私達が探ろうしている上記の設計概念については、さまざまな場所で詳細な文書となっています。 そのいくつかについては以下の URL を参照してください。


謝辞

まず、素晴らしい製品を開発した Velocity チームと Turbine チームに感謝します。 これらのチームは100%ボランティアの組織で、これら製品を実現させ成功させるために、 非常に優秀なエンジニアが世界中から集まっています。 その困難な作業と献身は感謝に値します。

この文書に出てくる例やコメント、それに文書の構成の一部は O'Reilly Java Servlet Programming, 1st and 2nd Edition book の著者である Jason Hunter から許可を得てお借りしています。 Java サーブレットと彼の熱心な仕事を支援していただけるよう、 彼の次の著書が刊行されたら購入することをお勧めします。

彼の著書には Struts と JSP、Velocity、 そしてその他の MVC 技術を扱っている章があります。 JSP と Velocity を勉強して、その違いを知るには、 この本を読むことをお勧めします。 私達がここでやること(Jason が著書でできなかったこと)は、 それぞれを直接並べて比較するために JSP/Struts と Velocity/Turbine で同じページを出力することです。


改訂 / 修正 / 追加

このページはこのエッセイの変更履歴を記録します。

これらの技術を正確に比較することは非常に重要です。 したがって、このエッセイではできるかぎり公平かつ正確に物事を述べるよう努力しています。 このエッセイはすべて CVS で管理されており、 フィードバックだけでなく、誤りを修正するパッチも送っていただけます。 つまり、このエッセイはコミュニティ主導型の文書です。 現在、Velocity プロジェクトの CVS ツリー にある xdocs ディレクトリにおいてあります。

もしこの文書に何らかの変更が必要である場合には、 遠慮せずに Jon Stevens にご連絡下さい。

それでは本論に入りましょう。

[ 次 -> Saying Hello ]



このドキュメントは、 熊坂祐二 、 羽生田恒永 が訳しました。
コメントがある場合は、 report@jajakarta.org までお願いします。
オリジナル英文 Copyright © 1999-2003, The Apache Software Foundation