org.apache.commons.pool
インタフェース PoolableObjectFactory

既知の実装クラスの一覧:
BasePoolableObjectFactory

public interface PoolableObjectFactory

ObjectPool で使用されるインスタンスの ライフサイクルに関するメソッドを定義したインターフェイスです。

An interface defining life-cycle methods for instances to be used in an {@link ObjectPool ObjectPool}.

ObjectPool を生成する際に PoolableObjectFactory が指定され、以下の処理が行われます。

By contract, when an {@link ObjectPool ObjectPool} delegates to a PoolableObjectFactory,
  1. 新たなインスタンスが必要となった場合 makeObject が呼ばれます。
    {@link #makeObject makeObject} is called whenever a new instance is needed.
  2. プールからインスタンスが渡される前には activateObject が実施されます。
    {@link #activateObject activateObject} is invoked on every instance before it is returned from the pool.
  3. プールにインスタンスが戻されると passivateObject が実施されます。
    {@link #passivateObject passivateObject} is invoked on every instance when it is returned to the pool.
    pool.
  4. ( validateObject の結果またはプールの実装に指定された理由によって) プールからインスタンスが取り除かれる場合には destroyObject が実施されます。
    {@link #destroyObject destroyObject} is invoked on every instance when it is being "dropped" from the pool (whether due to the response from {@link #validateObject validateObject}, or for reasons specific to the pool implementation.)
  5. 各実装がプール内のインスタンスが有効な状態かどうか判断するための方法として validateObject が実施されます。 これは "activated" なインスタンスに対してのみ行われます。
    {@link #validateObject validateObject} is invoked in an implementation-specific fashion to determine if an instance is still valid to be returned by the pool. It will only be invoked on an {@link #activateObject "activated"} instance.

バージョン:
$Revision: 1.1 $ $Date: 2004/02/22 11:58:26 $
作成者:
Rodney Waldhoff
関連項目:
ObjectPool
翻訳者:
日置 聡
翻訳状況:
初稿(校正者募集中)
翻訳更新日:
2004/02/21

メソッドの概要
 void activateObject(Object obj)
          プールから取り出されるインスタンスの初期化を行います。
 void destroyObject(Object obj)
          プールで必要のなくなったインスタンスを破棄します。
 Object makeObject()
          プールにて使用されるインスタンスを生成します。
 void passivateObject(Object obj)
          プールに戻されたインスタンスの後処理を行います。
 boolean validateObject(Object obj)
          このインスタンスがプールにて安全に使用できるかを判断します。
 

メソッドの詳細

activateObject

public void activateObject(Object obj)
                    throws Exception
プールから取り出されるインスタンスの初期化を行います。
Reinitialize an instance to be returned by the pool.

パラメータ:
obj - プールから取り出されるインスタンス
the instance to be activated
例外:
Exception

destroyObject

public void destroyObject(Object obj)
                   throws Exception
プールで必要のなくなったインスタンスを破棄します。
Destroys an instance no longer needed by the pool.

パラメータ:
obj - 破棄されるインスタンス
the instance to be destroyed
例外:
Exception

makeObject

public Object makeObject()
                  throws Exception
プールにて使用されるインスタンスを生成します。
Creates an instance that can be returned by the pool.

戻り値:
プールにて使用されるインスタンス
an instance that can be returned by the pool.
例外:
Exception

passivateObject

public void passivateObject(Object obj)
                     throws Exception
プールに戻されたインスタンスの後処理を行います。
Uninitialize an instance to be returned to the pool.

パラメータ:
obj - プールに戻されたインスタンス
the instance to be passivated
例外:
Exception

validateObject

public boolean validateObject(Object obj)
このインスタンスがプールにて安全に使用できるかを判断します。 このオブジェクトを破棄するべき場合には false を返します。
Ensures that the instance is safe to be returned by the pool. Returns false if this object should be destroyed.

パラメータ:
obj - チェックを行うインスタンス
the instance to be validated
戻り値:
obj が無効でプールから削除すべき場合 false、 それ以外の場合 true
false if this obj is not valid and should be dropped from the pool, true otherwise.


このドキュメントは、Ja-Jakartaにより訳されました。 コメントがある場合は report@jajakarta.orgまでお願いします。
Translated into Japanese by jajakarta.org. The original page is here.
Copyright (c) 2002-2003 - Apache Software Foundation