org.apache.commons.pool
クラス BaseKeyedPoolableObjectFactory

java.lang.Object
  拡張org.apache.commons.pool.BaseKeyedPoolableObjectFactory
すべての実装インタフェース:
KeyedPoolableObjectFactory

public abstract class BaseKeyedPoolableObjectFactory
extends Object
implements KeyedPoolableObjectFactory

KeyedPoolableObjectFactory の基底となる実装です。

A base implemenation of {@link KeyedPoolableObjectFactory KeyedPoolableObjectFactory}.

このクラスに定義された処理は実際には何も行いません。

All operations defined here are essentially no-op's.

バージョン:
$Revision: 1.1 $ $Date: 2004/02/22 11:58:26 $
作成者:
Rodney Waldhoff
関連項目:
KeyedPoolableObjectFactory
翻訳者:
日置 聡
翻訳状況:
初稿(校正者募集中)
翻訳更新日:
2004/02/21

コンストラクタの概要
BaseKeyedPoolableObjectFactory()
           
 
メソッドの概要
 void activateObject(Object key, Object obj)
          何も行いません。
 void destroyObject(Object key, Object obj)
          何も行いません。
abstract  Object makeObject(Object key)
          プールに保持されるインスタンスを生成します。
 void passivateObject(Object key, Object obj)
          何も行いません。
 boolean validateObject(Object key, Object obj)
          この実装では常に true を返します。
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
equals, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

BaseKeyedPoolableObjectFactory

public BaseKeyedPoolableObjectFactory()
メソッドの詳細

activateObject

public void activateObject(Object key,
                           Object obj)
                    throws Exception
何も行いません。
No-op.

定義:
インタフェース KeyedPoolableObjectFactory 内の activateObject
パラメータ:
key - オブジェクトを選択する際に使用されるキー
the key used when selecting the object
obj - プールから取り出されるインスタンス
the instance to be activated
例外:
Exception

destroyObject

public void destroyObject(Object key,
                          Object obj)
                   throws Exception
何も行いません。
No-op.

定義:
インタフェース KeyedPoolableObjectFactory 内の destroyObject
パラメータ:
key - インスタンスを選択する際に使用されるキー
the key used when selecting the instance
obj - 破棄されるインスタンス
the instance to be destroyed
例外:
Exception

makeObject

public abstract Object makeObject(Object key)
                           throws Exception
インタフェース KeyedPoolableObjectFactory の記述:
プールに保持されるインスタンスを生成します。
Create an instance that can be served by the pool.

定義:
インタフェース KeyedPoolableObjectFactory 内の makeObject
パラメータ:
key - オブジェクトを生成する際に使用されるキー
the key used when constructing the object
戻り値:
プールに保持されるインスタンス
instance that can be served by the pool.
例外:
Exception

passivateObject

public void passivateObject(Object key,
                            Object obj)
                     throws Exception
何も行いません。
No-op.

定義:
インタフェース KeyedPoolableObjectFactory 内の passivateObject
パラメータ:
key - オブジェクトを選択する際に使用されるキー
the key used when selecting the object
obj - プールに戻されたインスタンス
the instance to be passivated
例外:
Exception

validateObject

public boolean validateObject(Object key,
                              Object obj)
この実装では常に true を返します。
This implementation always returns true.

定義:
インタフェース KeyedPoolableObjectFactory 内の validateObject
パラメータ:
key - オブジェクトを選択する際に使用されるキー
the key used when selecting the object
obj - チェックを行うインスタンス
the instance to be validated
戻り値:
true


このドキュメントは、Ja-Jakartaにより訳されました。 コメントがある場合は report@jajakarta.orgまでお願いします。
Translated into Japanese by jajakarta.org. The original page is here.
Copyright (c) 2002-2003 - Apache Software Foundation