org.apache.commons.lang
クラス StringUtils

java.lang.Object
  拡張org.apache.commons.lang.StringUtils

public class StringUtils
extends Object

共通的な String に対する処理ルーチンです。

オリジナルは Turbine と GenerationJavaCore ライブラリです。

バージョン:
$Id: StringUtils.java,v 1.1.1.1 2004/02/13 10:02:04 hioki Exp $
作成者:
Jon S. Stevens, Daniel Rall, Greg Coladonato, Henri Yandell, Ed Korthof, Rand McNeely, Stephen Colebourne, Fredrik Westermarck
翻訳者:
日置 聡

コンストラクタの概要
StringUtils()
          StringUtils のインスタンスは一般的なプログラムからは生成すべきではありません。
 
メソッドの概要
static String capitalise(String str)
          文字列の先頭を大文字にします。
static String capitaliseAllWords(String str)
          文字列内の全ての単語の先頭を大文字にします。
static String center(String str, int size)
          指定された文字列が中心に配置された、指定された長さの文字列を返します。
static String center(String str, int size, String delim)
          指定された文字列が中心に配置された、指定された長さの文字列を返します。
static String chomp(String str)
          (文字列の)最後の改行と、その後ろに続く全ての文字列を削除します。
static String chomp(String str, String sep)
          最後に見つかった指定された文字列とその後ろに続く全ての文字列を削除し返します。
static String chompLast(String str)
          文字列の末尾が改行だった場合のみ、改行を削除します。
static String chompLast(String str, String sep)
          文字列の末尾が指定された文字列だった場合にのみ、末尾のこの文字列を削除します。
static String chop(String str)
          文字列の最後の1文字を削除し返します。
static String chopNewline(String str)
          文字列の最後が \n たった場合にこれを削除します。
static String clean(String str)
          指定された文字列の最初と最後の空白を削除します。
static String concatenate(Object[] array)
          配列内のの要素を一つの文字列に連結します。
static boolean containsOnly(String str, char[] valid)
          文字列が指定された文字だけで構成されているかをチェックします。
static int countMatches(String str, String sub)
          文字列の中に指定された文字列がいくつあるかを返します。
static String defaultString(String str)
          渡された文字列をチェックし、null だった場合には空の文字列を返します。
static String defaultString(String str, String defaultString)
          渡された文字列をチェックし、null だった場合には指定されたデフォルトの文字列を返します。
static String deleteSpaces(String str)
          文字列から全ての空白文字を削除します。
static String deleteWhitespace(String str)
          文字列から全ての空白(whitespace)を削除します。
static boolean equals(String str1, String str2)
          2つの文字列を比較して、等しい場合に true を返します。
static boolean equalsIgnoreCase(String str1, String str2)
          2つの文字列を比較して、大文字と小文字を区別せずに等しい場合に true を返します。
static String escape(String str)
          文字列の中の全ての値をエスケープします。
static String getChomp(String str, String sep)
          最後に見つかった指定された文字列の前の部分を全て削除し返します。
static int getLevenshteinDistance(String s, String t)
          2つの文字列の間の Levenshtein 距離を調べます。
static String getNestedString(String str, String tag)
          同じ文字列の間に挟まれ、ネストされた文字列を返します。
static String getNestedString(String str, String open, String close)
          2つの文字列の間に挟まれ、ネストされた文字列を返します。
static String getPrechomp(String str, String sep)
          最初に見つかった指定された文字列より後ろを全て削除し返します。
static int indexOfAny(String str, String[] searchStrs)
          この文字列内で、指定された部分文字列のセットうちのどれかが最初に出現する位置のインデックスを返します。
static boolean isAlpha(String str)
          文字列がユニコードの汎用文字だけで構成されているかをチェックします。
static boolean isAlphanumeric(String str)
          文字列がユニコードの汎用文字と数字だけで構成されているかをチェックします。
static boolean isAlphanumericSpace(String str)
          文字列がユニコードの汎用文字と数字とスペース(' ')だけで構成されているかをチェックします。
static boolean isAlphaSpace(String str)
          文字列がユニコードの汎用文字とスペース(' ')だけで構成されているかをチェックします。
static boolean isEmpty(String str)
          (トリムされた)文字列が null 、または空(長さが0)であるかチェックします。
static boolean isNotEmpty(String str)
          文字列が null でなく、空(長さが0)でないかチェックします。
static boolean isNumeric(String str)
          文字列がユニコードの数字だけで構成されているかをチェックします。
static boolean isNumericSpace(String str)
          文字列がユニコードの数字とスペース(' ')だけで構成されているかをチェックします。
static String join(Iterator iterator, String separator)
          イテレータ内のの要素を一つの文字列に連結します。
static String join(Object[] array, String separator)
          配列内のの要素を一つの文字列に連結します。
static int lastIndexOfAny(String str, String[] searchStrs)
          この文字列内で、指定された部分文字列のセットうちのどれかが最後に出現する位置のインデックスを返します。
static String left(String str, int len)
          指定された文字列の左側から指定された長さの部分文字列を取得します。
static String leftPad(String str, int size)
          指定された長さになるまで文字列の左側(先頭)をスペースで埋めます。
static String leftPad(String str, int size, String delim)
          指定された長さになるまで文字列の左側(先頭)を指定された文字列で埋めます。
static String lowerCase(String str)
          文字列内の大文字を小文字に変換します。
static String mid(String str, int pos, int len)
          文字列の指定された開始位置から指定された長さの文字列を取得します。
static String overlayString(String text, String overlay, int start, int end)
          文字列内の指定されたインデックスの場所を指定された文字列で上書きします。
static String prechomp(String str, String sep)
          最初に見つかった指定された文字列までを削除し、その後ろに続く文字列を返します。
static String repeat(String str, int repeat)
          指定された文字列を指定された回数繰り返し作成された文字列を返します。
static String replace(String text, String repl, String with)
          対象の文字列内の全ての指定された文字列(repl)を指定された文字列(eith)に変換します。
static String replace(String text, String repl, String with, int max)
          対象の文字列内の指定された文字列(repl)を先頭から max の回数分、指定された文字列(eith)に変換します。
static String replaceOnce(String text, String repl, String with)
          対象の文字列内で最初に見つかった指定された文字列(repl)を指定された文字列(eith)に変換します。
static String reverse(String str)
          文字列内の並び順を逆にします。
private static void reverseArray(Object[] array)
          配列の並び順を逆にします。
static String reverseDelimitedString(String str, String delimiter)
          指定された区切り文字で文字列を分割し、その並び順を逆にします。
static String right(String str, int len)
          指定された文字列の右側から指定された長さの部分文字列を取得します。
static String rightPad(String str, int size)
          指定された長さになるまで文字列の右側(末尾)をスペースで埋めます。
static String rightPad(String str, int size, String delim)
          指定された長さになるまで文字列の右側(末尾)を指定された文字列で埋めます。
static String[] split(String str)
          文字列を空白を区切り文字として配列にします。
static String[] split(String text, String separator)
           
static String[] split(String str, String separator, int max)
          文字列を指定された区切り文字を使用してて配列にします。
static String strip(String str)
          文字列の前後から空白を削除します。
static String strip(String str, String delim)
          文字列の前後から指定された文字列を削除します。
static String[] stripAll(String[] strs)
          配列の中の全ての文字列の前後から空白を削除します。
static String[] stripAll(String[] strs, String delimiter)
          配列の中の全ての文字列の前後から指定された文字列を削除します。
static String stripEnd(String str, String strip)
          文字列の最後から指定された文字列を削除します。
static String stripStart(String str, String strip)
          文字列の最初から指定された文字列を削除します。
static String substring(String str, int start)
          指定された文字列の部分文字列を例外を発生させることなく取得します。
static String substring(String str, int start, int end)
          指定された文字列の部分文字列を例外を発生させることなく取得します。
static String swapCase(String str)
          大文字と小文字を入れ替えます。
static String trim(String str)
          指定された文字列の最初と最後の空白を削除します。
static String uncapitalise(String str)
          文字列の先頭を小文字にします。
static String upperCase(String str)
          文字列内の小文字を大文字に変換します。
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

StringUtils

public StringUtils()
StringUtils のインスタンスは一般的なプログラムからは生成すべきではありません。 代わりに StringUtils.trim(" foo "); というように使用すべきです。 このコンストラクタは、処理に JavaBean インスタンスを必要とするツールのために public になっています。

メソッドの詳細

clean

public static String clean(String str)
指定された文字列の最初と最後の空白を削除します。 null が渡された場合には空の文字列を返します。

パラメータ:
str - チェックする文字列
戻り値:
トリムされた文字列(必ずnullではない)
関連項目:
String.trim()

trim

public static String trim(String str)
指定された文字列の最初と最後の空白を削除します。 null が渡された場合には null を返します。

パラメータ:
str - チェックする文字列
戻り値:
トリムされた文字列(または null)
関連項目:
String.trim()

deleteSpaces

public static String deleteSpaces(String str)
文字列から全ての空白文字を削除します。 推奨されないメソッド Character.isSpace で定義されている {' ', '\t', '\r', '\n', '\b'} を空白文字として認識します。

パラメータ:
str - 空白文字を削除する対象となる文字列
戻り値:
空白文字が削除された文字列
例外:
NullPointerException

deleteWhitespace

public static String deleteWhitespace(String str)
文字列から全ての空白(whitespace)を削除します。 空白(whitespace) は Character.isWhitespace で定義されています。

パラメータ:
str - 空白を削除する対象となる文字列
戻り値:
空白が削除された文字列
例外:
NullPointerException

isNotEmpty

public static boolean isNotEmpty(String str)
文字列が null でなく、空(長さが0)でないかチェックします。

パラメータ:
str - チェックする文字列
戻り値:
文字列が null でなく、長さが0でない場合に true

isEmpty

public static boolean isEmpty(String str)
(トリムされた)文字列が null 、または空(長さが0)であるかチェックします。

パラメータ:
str - チェックする文字列
戻り値:
true 文字列が null 、またはトリムされて長さが0の場合に true

equals

public static boolean equals(String str1,
                             String str2)
2つの文字列を比較して、等しい場合に true を返します。 null は例外を発生せずに扱われます。2つの null の比較は等しいと判断されます。 大文字と小文字は区別されます。

パラメータ:
str1 - 最初の比較対照となる文字列
str2 - 次の比較対照となる文字列
戻り値:
true 大文字小文字を意識して文字列が等しい場合、または両方とも null の場合
関連項目:
String.equals(Object)

equalsIgnoreCase

public static boolean equalsIgnoreCase(String str1,
                                       String str2)
2つの文字列を比較して、大文字と小文字を区別せずに等しい場合に true を返します。 null は例外を発生せずに扱われます。2つの null の比較は等しいと判断されます。 大文字と小文字は区別されません。

パラメータ:
str1 - 最初の比較対照となる文字列
str2 - 次の比較対照となる文字列
戻り値:
true 大文字小文字を意識せず文字列が等しい場合、または両方とも null の場合
関連項目:
String.equalsIgnoreCase(String)

indexOfAny

public static int indexOfAny(String str,
                             String[] searchStrs)
この文字列内で、指定された部分文字列のセットうちのどれかが最初に出現する位置のインデックスを返します。 該当する文字がこの文字列内にない場合は、-1 が返されます。

パラメータ:
str - チェックする文字列
searchStrs - 検索する文字列の一覧
戻り値:
検索する文字列のどれかが最初に出現する位置
例外:
NullPointerException - searchStrs[i] のうちのどれかが null だった場合

lastIndexOfAny

public static int lastIndexOfAny(String str,
                                 String[] searchStrs)
この文字列内で、指定された部分文字列のセットうちのどれかが最後に出現する位置のインデックスを返します。 該当する文字がこの文字列内にない場合は、-1 が返されます。

パラメータ:
str - チェックする文字列
searchStrs - 検索する文字列の一覧
戻り値:
検索する文字列のどれかが最後に出現する位置
例外:
NullPointerException - searchStrs[i] のうちのどれかが null だった場合

substring

public static String substring(String str,
                               int start)
指定された文字列の部分文字列を例外を発生させることなく取得します。 マイナスの開始位置の指定は文字列の最後から開始位置を遡って指定する場合に使用されます。

パラメータ:
str - 部分文字列の取得s対象となる文字列
start - 部分文字列の開始位置。 マイナスの値は文字列の最後からその値だけ戻ることを意味します
戻り値:
開始位置からの部分文字列

substring

public static String substring(String str,
                               int start,
                               int end)
指定された文字列の部分文字列を例外を発生させることなく取得します。 マイナスの開始/終了位置の指定は文字列の最後から開始/終了位置を遡って指定する場合に使用されます。

パラメータ:
str - 部分文字列の取得s対象となる文字列
start - 部分文字列の開始位置。 マイナスの値は文字列の最後からその値だけ戻ることを意味します
end - 部分文字列の終了位置。 マイナスの値は文字列の最後からその値だけ戻ることを意味します
戻り値:
開始位置から終了位置までの部分文字列

left

public static String left(String str,
                          int len)
指定された文字列の左側から指定された長さの部分文字列を取得します。 文字列の長さが指定された長さに満たなかった場合、文字列に null が指定された場合には、 例外は発生せず、元の文字列を返します。

パラメータ:
str - 左側の部分文字列を取得する対象となる文字列
len - 部分文字列の長さ
戻り値:
左側の部分文字列
例外:
IllegalArgumentException - len にマイナスの値が指定された場合

right

public static String right(String str,
                           int len)
指定された文字列の右側から指定された長さの部分文字列を取得します。 文字列の長さが指定された長さに満たなかった場合、文字列に null が指定された場合には、 例外は発生せず、元の文字列を返します。

パラメータ:
str - 右側の部分文字列を取得する対象となる文字列
len - 部分文字列の長さ
戻り値:
右側の部分文字列
例外:
IllegalArgumentException - len にマイナスの値が指定された場合

mid

public static String mid(String str,
                         int pos,
                         int len)
文字列の指定された開始位置から指定された長さの文字列を取得します。 指定された長さ分の文字列が取得できなかった場合には例外を発生せずに取得できた分だけの文字列を返します。 指定された文字列が null だった場合には null を返します。

パラメータ:
str - 部分文字列を取得する対象となる文字列
pos - 開始位置
len - 部分文字列の長さ
戻り値:
取得された部分文字列
例外:
IndexOutOfBoundsException - pos が範囲外である場合
IllegalArgumentException - len にマイナスの値が指定された場合

split

public static String[] split(String str)
文字列を空白を区切り文字として配列にします。 区切り文字は配列内の文字列には含まれません。

パラメータ:
str - パースされる文字列
戻り値:
パースされた文字列の配列

split

public static String[] split(String text,
                             String separator)
関連項目:
split(String, String, int)

split

public static String[] split(String str,
                             String separator,
                             int max)
文字列を指定された区切り文字を使用してて配列にします。 区切り文字は配列内の文字列には含まれません。 文字列を区切る際の最大数を指定することができます。 区切り文字に null 画指定された場合には空白が使用されます。

このメソッドは( StringTokenizer がするような) トークンの一覧を作成する処理の代わりに、すばやく文字列を配列に変換するのに有用です。

パラメータ:
str - パースされる文字列
separator - 区切り文字として使用される文字。 null の場合には空白を使用
max - 配列の最大の大きさ。 0またはマイナスの値は制限がないことを意味します。
戻り値:
パースされた文字列の配列

concatenate

public static String concatenate(Object[] array)
配列内のの要素を一つの文字列に連結します。 join メソッドとの違いは、連結時の区切り文字をもたないことです。

パラメータ:
array - 連結の対象となる配列
戻り値:
連結された文字列

join

public static String join(Object[] array,
                          String separator)
配列内のの要素を一つの文字列に連結します。 区切り文字に null が指定された場合には空の文字列として扱われ いかなるデリミターも、リストの前後には加えられません。

パラメータ:
array - 連結の対象となる配列
separator - 区切り文字
戻り値:
連結された文字列

join

public static String join(Iterator iterator,
                          String separator)
イテレータ内のの要素を一つの文字列に連結します。 区切り文字に null が指定された場合には空の文字列として扱われ いかなるデリミターも、リストの前後には加えられません。

パラメータ:
iterator - 連結の対象となるイテレータ
separator - 区切り文字
戻り値:
連結された文字列

replaceOnce

public static String replaceOnce(String text,
                                 String repl,
                                 String with)
対象の文字列内で最初に見つかった指定された文字列(repl)を指定された文字列(eith)に変換します。

パラメータ:
text - 入れ替え対象の文字列を含むテキスト
repl - 入れ替え対象となる文字列
with - 入れ替えられる文字列
戻り値:
文字列の入れ替えが行われたテキスト
関連項目:
replace(String text, String repl, String with, int max)

replace

public static String replace(String text,
                             String repl,
                             String with)
対象の文字列内の全ての指定された文字列(repl)を指定された文字列(eith)に変換します。

パラメータ:
text - 入れ替え対象の文字列を含むテキスト
repl - 入れ替え対象となる文字列
with - 入れ替えられる文字列
戻り値:
文字列の入れ替えが行われたテキスト
関連項目:
replace(String text, String repl, String with, int max)

replace

public static String replace(String text,
                             String repl,
                             String with,
                             int max)
対象の文字列内の指定された文字列(repl)を先頭から max の回数分、指定された文字列(eith)に変換します。 null がこのメソッドに渡された場合には何も行いません。

パラメータ:
text - 入れ替え対象の文字列を含むテキスト
repl - 入れ替え対象となる文字列
with - 入れ替えられる文字列
max - 入れ替えを行う最大回数。-1 の場合には制限なし -1 if no maximum
戻り値:
文字列の入れ替えが行われたテキスト
例外:
NullPointerException - 入れ替え対象となる文字列(repl) が null だった場合

overlayString

public static String overlayString(String text,
                                   String overlay,
                                   int start,
                                   int end)
文字列内の指定されたインデックスの場所を指定された文字列で上書きします。

パラメータ:
text - 上書きを行う対象となる文字列
overlay - 上書きされる文字列
start - 上書きを行う開始位置
end - 上書きを行う終了位置
戻り値:
文字列のうわがきが行われたテキスト
例外:
NullPointerException - テキストまたは上書きする文字列が null だった場合

center

public static String center(String str,
                            int size)
指定された文字列が中心に配置された、指定された長さの文字列を返します。 空白が文字列を埋める際に使用されます。 これは center(str, size, " ") と同等です。

パラメータ:
str - 中央に配置する文字列
size - 新たに生成される文字列の長さ
戻り値:
センタリングされた文字列
例外:
NullPointerException - str が null だった場合

center

public static String center(String str,
                            int size,
                            String delim)
指定された文字列が中心に配置された、指定された長さの文字列を返します。 指定された文字列が文字列を埋める際に使用されます。

パラメータ:
str - 中央に配置する文字列
size - 新たに生成される文字列の長さ
delim - 新たな文字列の(左右を)埋めるために使用される文字列
戻り値:
センタリングされた文字列
例外:
NullPointerException - str または delim が null だった場合
ArithmeticException - delim が空の文字列だった場合

chomp

public static String chomp(String str)
(文字列の)最後の改行と、その後ろに続く全ての文字列を削除します。

パラメータ:
str - 改行以降を削除する対象となる文字列
戻り値:
改行以降が削除された文字列
例外:
NullPointerException - str が null だった場合

chomp

public static String chomp(String str,
                           String sep)
最後に見つかった指定された文字列とその後ろに続く全ての文字列を削除し返します。

パラメータ:
str - 末尾を削除する対象となる文字列
sep - 削除する文字列
戻り値:
末尾が削除された文字列
例外:
NullPointerException - str または sep が null だった場合

chompLast

public static String chompLast(String str)
文字列の末尾が改行だった場合のみ、改行を削除します。

パラメータ:
str - 末尾を削除する対象となる文字列
戻り値:
末尾が削除された文字列
例外:
NullPointerException - str が null だった場合

chompLast

public static String chompLast(String str,
                               String sep)
文字列の末尾が指定された文字列だった場合にのみ、末尾のこの文字列を削除します。

パラメータ:
str - 末尾を削除する対象となる文字列
sep - 削除する文字列
戻り値:
末尾が削除された文字列
例外:
NullPointerException - str または sep が null だった場合

getChomp

public static String getChomp(String str,
                              String sep)
最後に見つかった指定された文字列の前の部分を全て削除し返します。

パラメータ:
str - 末尾を取得する対象となる文字列
sep - 末尾を取得する際に検索対象となる文字列
戻り値:
末尾の文字列
例外:
NullPointerException - str または sep が null だった場合

prechomp

public static String prechomp(String str,
                              String sep)
最初に見つかった指定された文字列までを削除し、その後ろに続く文字列を返します。

パラメータ:
str - 先頭をを削除する対象となる文字列
sep - 先頭をを削除する際に検索対象となる文字列
戻り値:
先頭をを削除された文字列
例外:
NullPointerException - str または sep が null だった場合

getPrechomp

public static String getPrechomp(String str,
                                 String sep)
最初に見つかった指定された文字列より後ろを全て削除し返します。

パラメータ:
str - 先頭を取得する対象となる文字列
sep - 先頭を取得する際に検索対象となる文字列
戻り値:
先頭の文字列
例外:
NullPointerException - str または sep が null だった場合

chop

public static String chop(String str)
文字列の最後の1文字を削除し返します。 If the String 文字列の最後が \r\n の場合には、この両方を削除します。

パラメータ:
str - 末尾を削除する対象となる文字列
戻り値:
末尾が削除された文字列
例外:
NullPointerException - str が null だった場合

chopNewline

public static String chopNewline(String str)
文字列の最後が \n たった場合にこれを削除します。 その前が \r だった場合にはこれも削除します。

パラメータ:
str - 末尾の改行を削除する対象となる文字列
戻り値:
末尾の改行が削除された文字列
例外:
NullPointerException - str が null だった場合

escape

public static String escape(String str)
文字列の中の全ての値をエスケープします。 例えばタブは '\\' と 't' の文字になります。

パラメータ:
str - エスケープの対象となる文字列
戻り値:
エスケープされた文字列
例外:
NullPointerException - if str is null

repeat

public static String repeat(String str,
                            int repeat)
指定された文字列を指定された回数繰り返し作成された文字列を返します。

パラメータ:
str - 繰り返す文字列
repeat - 繰り返す回数
戻り値:
繰り返された文字列
例外:
NegativeArraySizeException - repeat が 0 よりも小さかった場合
NullPointerException - str が null だった場合

rightPad

public static String rightPad(String str,
                              int size)
指定された長さになるまで文字列の右側(末尾)をスペースで埋めます。

パラメータ:
str - 埋め込む対象となる文字列
size - 埋め込んだ後の文字列の長さ
戻り値:
右側を埋められた文字列
例外:
NullPointerException - str が null だった場合

rightPad

public static String rightPad(String str,
                              int size,
                              String delim)
指定された長さになるまで文字列の右側(末尾)を指定された文字列で埋めます。

パラメータ:
str - 埋め込む対象となる文字列
size - 埋め込んだ後の文字列の長さ
delim - 埋め込まれる文字列
戻り値:
右側を埋められた文字列
例外:
NullPointerException - str または delim が null だった場合
ArithmeticException - delim が殻の文字列だった場合

leftPad

public static String leftPad(String str,
                             int size)
指定された長さになるまで文字列の左側(先頭)をスペースで埋めます。

パラメータ:
str - 埋め込む対象となる文字列
size - 埋め込んだ後の文字列の長さ
戻り値:
左側を埋められた文字列
例外:
NullPointerException - str が null だった場合

leftPad

public static String leftPad(String str,
                             int size,
                             String delim)
指定された長さになるまで文字列の左側(先頭)を指定された文字列で埋めます。

パラメータ:
str - 埋め込む対象となる文字列
size - 埋め込んだ後の文字列の長さ
delim - 埋め込まれる文字列
戻り値:
左側を埋められた文字列
例外:
NullPointerException - str または delim が null だった場合
ArithmeticException - delim が殻の文字列だった場合

strip

public static String strip(String str)
文字列の前後から空白を削除します。

パラメータ:
str - 空白を削除する対象となる文字列
戻り値:
空白の削除された文字列

strip

public static String strip(String str,
                           String delim)
文字列の前後から指定された文字列を削除します。 空白を削除したい場合には strip(String) メソッドを使用してください。

パラメータ:
str - 指定された文字列を削除する対象となる文字列
delim - 前後から削除する文字列
戻り値:
指定された文字列の削除された文字列

stripAll

public static String[] stripAll(String[] strs)
配列の中の全ての文字列の前後から空白を削除します。

パラメータ:
strs - 空白を削除する対象となる文字列の配列
戻り値:
the 空白の削除された文字列の配列

stripAll

public static String[] stripAll(String[] strs,
                                String delimiter)
配列の中の全ての文字列の前後から指定された文字列を削除します。

パラメータ:
strs - 指定された文字列を削除する対象となる文字列の配列
delimiter - 前後から削除する文字列
戻り値:
指定された文字列の削除された文字列の配列

stripEnd

public static String stripEnd(String str,
                              String strip)
文字列の最後から指定された文字列を削除します。 削除する文字列が null だった場合、空白が削除されます。

パラメータ:
str - 指定された文字を削除する対象となる文字列
strip - 削除する文字列
戻り値:
指定された文字列の削除された文字列

stripStart

public static String stripStart(String str,
                                String strip)
文字列の最初から指定された文字列を削除します。 削除する文字列が null だった場合、空白が削除されます。

パラメータ:
str - 指定された文字を削除する対象となる文字列
strip - 削除する文字列
戻り値:
指定された文字列の削除された文字列

upperCase

public static String upperCase(String str)
文字列内の小文字を大文字に変換します。 null が指定された場合には null を返します。

パラメータ:
str - 小文字を大文字に変換する対象となる文字列
戻り値:
小文字が大文字に変換された文字列

lowerCase

public static String lowerCase(String str)
文字列内の大文字を小文字に変換します。 null が指定された場合には null を返します。

パラメータ:
str - 大文字を小文字に変換する対象となる文字列
戻り値:
大文字が小文字に変換された文字列

uncapitalise

public static String uncapitalise(String str)
文字列の先頭を小文字にします。null が指定された場合には null を返します。

パラメータ:
str - 先頭を小文字にする文字列
戻り値:
先頭が小文字となった文字列

capitalise

public static String capitalise(String str)
文字列の先頭を大文字にします。null が指定された場合には null を返します。

パラメータ:
str - 先頭を大文字にする文字列
戻り値:
先頭が大文字となった文字列

swapCase

public static String swapCase(String str)
大文字と小文字を入れ替えます。単語の開始文字は大文字ではなく タイトルケースとして扱われます。 null が指定された場合には null を返します。

パラメータ:
str - 大文字と小文字を入れ替える文字列
戻り値:
処理された文字列

capitaliseAllWords

public static String capitaliseAllWords(String str)
文字列内の全ての単語の先頭を大文字にします。 単語と単語の区切り文字を判定するために Character.isWhitespace を使用します。 null が指定された場合には null を返します。

パラメータ:
str - 先頭を大文字にする文字列
戻り値:
先頭が大文字となった文字列

getNestedString

public static String getNestedString(String str,
                                     String tag)
同じ文字列の間に挟まれ、ネストされた文字列を返します。 null が指定された場合には null を返します。

パラメータ:
str - ネストされた文字列を含む文字列
tag - ネストされた文字列の前後を挟んでいる文字列
戻り値:
ネストされた文字列、または null
例外:
NullPointerException - tag が null だった場合

getNestedString

public static String getNestedString(String str,
                                     String open,
                                     String close)
2つの文字列の間に挟まれ、ネストされた文字列を返します。

パラメータ:
str - ネストされた文字列を含む文字列
open - ネストされた文字列の前にある文字列
close - ネストされた文字列の後ろにある文字列
戻り値:
ネストされた文字列、または null
例外:
NullPointerException - open または close が null だった場合

countMatches

public static int countMatches(String str,
                               String sub)
文字列の中に指定された文字列がいくつあるかを返します。 null が指定された場合には0を返します。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
sub - いくつあるか数える文字列
戻り値:
文字列の見つかった数、チェック対照の文字列が null だった場合0
例外:
NullPointerException - sub が null だった場合

isAlpha

public static boolean isAlpha(String str)
文字列がユニコードの汎用文字だけで構成されているかをチェックします。 null が指定された場合には false を返します。空の文字列が指定された場合には true を返します。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
戻り値:
null でなく、汎用文字だけで構成されている場合、true

isAlphaSpace

public static boolean isAlphaSpace(String str)
文字列がユニコードの汎用文字とスペース(' ')だけで構成されているかをチェックします。 null が指定された場合には false を返します。空の文字列が指定された場合には true を返します。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
戻り値:
null でなく、汎用文字とスペースだけで構成されている場合、true

isAlphanumeric

public static boolean isAlphanumeric(String str)
文字列がユニコードの汎用文字と数字だけで構成されているかをチェックします。 null が指定された場合には false を返します。空の文字列が指定された場合には true を返します。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
戻り値:
null でなく、汎用文字と数字だけで構成されている場合、true

isAlphanumericSpace

public static boolean isAlphanumericSpace(String str)
文字列がユニコードの汎用文字と数字とスペース(' ')だけで構成されているかをチェックします。 null が指定された場合には false を返します。空の文字列が指定された場合には true を返します。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
戻り値:
null でなく、汎用文字と数字とスペースだけで構成されている場合、true

isNumeric

public static boolean isNumeric(String str)
文字列がユニコードの数字だけで構成されているかをチェックします。 null が指定された場合には false を返します。空の文字列が指定された場合には true を返します。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
戻り値:
null でなく、数字だけで構成されている場合、true

isNumericSpace

public static boolean isNumericSpace(String str)
文字列がユニコードの数字とスペース(' ')だけで構成されているかをチェックします。 null が指定された場合には false を返します。空の文字列が指定された場合には true を返します。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
戻り値:
null でなく、数字とスペースだけで構成されている場合、true

defaultString

public static String defaultString(String str)
渡された文字列をチェックし、null だった場合には空の文字列を返します。 それ以外の場合には渡された文字列を返します。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
戻り値:
渡された文字列、null の場合には空の文字列

defaultString

public static String defaultString(String str,
                                   String defaultString)
渡された文字列をチェックし、null だった場合には指定されたデフォルトの文字列を返します。 それ以外の場合には渡された文字列を返します。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
defaultString - 渡された文字列が null の場合に返されるデフォルトの文字列
戻り値:
渡された文字列、null の場合には空の文字列

reverse

public static String reverse(String str)
文字列内の並び順を逆にします。 null が指定された場合には null を返します。

パラメータ:
str - 逆の並び順にする文字列
戻り値:
逆の並び順にされた文字列

reverseDelimitedString

public static String reverseDelimitedString(String str,
                                            String delimiter)
指定された区切り文字で文字列を分割し、その並び順を逆にします。 区切り文字の間の文字の並び順は逆にはなりません。 従って java.lang.String は('.' を区切り文字にした場合) String.lang.java になります。

パラメータ:
str - 逆の並び順にする文字列
delimiter - 使用される区切り文字
戻り値:
逆の並び順にされた文字列

reverseArray

private static void reverseArray(Object[] array)
配列の並び順を逆にします。 CollectionsUtils から取り入れられました。

パラメータ:
array - 逆の並び順にする配列

getLevenshteinDistance

public static int getLevenshteinDistance(String s,
                                         String t)
2つの文字列の間の Levenshtein 距離を調べます。 これは文字列をもう一方に変えるために必要となる数を示します。 1つの変更は1つの文字の修正を意味します。 Levenshtein 距離を調べるこの実装のアルゴリズムは http://www.merriampark.com/ld.htm から取り入られました。

パラメータ:
s - 最初の文字列
t - 次の文字列
戻り値:
結果となる距離の int
例外:
NullPointerException - s または t が null だった場合

containsOnly

public static boolean containsOnly(String str,
                                   char[] valid)
文字列が指定された文字だけで構成されているかをチェックします。

パラメータ:
str - チェックを行う対象となる文字列
valid - 有効な文字を示す配列
戻り値:
true 有効な文字のみで構成されており、null でなかった場合、 true


このドキュメントは、Ja-Jakartaにより訳されました。 コメントがある場合は report@jajakarta.orgまでお願いします。
Translated into Japanese by jajakarta.org. The original page is here.
Copyright (c) 2002-2003 - Apache Software Foundation