org.apache.commons.lang.builder
クラス StandardToStringStyle

java.lang.Object
  拡張org.apache.commons.lang.builder.ToStringStyle
      拡張org.apache.commons.lang.builder.StandardToStringStyle
すべての実装インタフェース:
Serializable

public class StandardToStringStyle
extends ToStringStyle

StandardToStringStyle は ToStringBuilder と共に動作し、toString を生成します。

StandardToStringStyle works with ToStringBuilder to create a toString.

このクラスはシングルトンで利用されることを意図されています。 毎回新しいスタイルのインスタンスを生成する必要はありません。 コード内では1度だけクラスのインスタンスを作成して必要な値を修正し、 プログラムからのアクセスに対して静的な public static final の変数に保持するべきです。

This class is intended to be used as a singleton. There is no need to instantiate a new style each time. Your code should instantiate the class once, customize the values as required, and then store the result in a public static final variable for the rest of the program to access.

バージョン:
$Id: StandardToStringStyle.java,v 1.1.1.1 2004/02/13 10:02:04 hioki Exp $
作成者:
Stephen Colebourne
関連項目:
直列化された形式
翻訳者:
日置 聡
翻訳状況:
初稿(校正者募集中)
翻訳更新日:
2003/08/16

入れ子クラスの概要
 
クラス org.apache.commons.lang.builder.ToStringStyle から継承した入れ子クラス
 
フィールドの概要
 
クラス org.apache.commons.lang.builder.ToStringStyle から継承したフィールド
DEFAULT_STYLE, MULTI_LINE_STYLE, NO_FIELD_NAMES_STYLE, SIMPLE_STYLE
 
コンストラクタの概要
StandardToStringStyle()
          コンストラクタ。
 
メソッドの概要
 String getArrayEnd()
          配列の終了を示すテキストを取得します。
 String getArraySeparator()
          配列の区切り文字を取得します。
 String getArrayStart()
          配列の開始を示すテキストを取得します。
 String getContentEnd()
          内容の終了を示すテキストを取得します。
 String getContentStart()
          内容の開始を示すテキストを取得します。
 String getFieldNameValueSeparator()
          フィールドの名前と値の区切り文字を取得します。
 String getFieldSeparator()
          フィールドの区切り文字を取得します。
 String getNullText()
          null が見つかった場合に出力されるテキストを取得します。
 String getSizeEndText()
          Collection、Map または Array のサイズを出力する際のテキストを取得します。
 String getSizeStartText()
          Collection、Map または Array のサイズを出力する際のテキストを取得します。
 String getSummaryObjectEndText()
          オブジェクトの概要を出力する際のテキストを取得します。
 String getSummaryObjectStartText()
          オブジェクトの概要を出力する際のテキストを取得します。
 boolean isArrayContentDetail()
          配列の詳細な内容を出力するかどうかを取得します。
 boolean isDefaultFullDetail()
          明示されなかった場合に詳細情報を(デフォルトで)出力するかどうかを取得します。
 boolean isShortClassName()
          クラスの短縮名を使用するかフルネームを使用するかを取得します。
 boolean isUseClassName()
          クラス名を使用するかどうかを取得します。
 boolean isUseFieldNames()
          入力されたフィールド名を使用するかどうかを取得します。
 boolean isUseIdentityHashCode()
          ハッシュコードを使用するかどうかを取得します。
 void setArrayContentDetail(boolean arrayContentDetail)
          配列の詳細な内容を出力するかどうかを設定します。
 void setArrayEnd(String arrayEnd)
          配列の終了を示すテキストを設定します。
 void setArraySeparator(String arraySeparator)
          配列の区切り文字を設定します。
 void setArrayStart(String arrayStart)
          配列の開始を示すテキストを設定します。
 void setContentEnd(String contentEnd)
          内容の終了を示すテキストを設定します。
 void setContentStart(String contentStart)
          内容の開始を示すテキストを設定します。
 void setDefaultFullDetail(boolean defaultFullDetail)
          明示されなかった場合に詳細情報を(デフォルトで)出力するかどうかを設定します。
 void setFieldNameValueSeparator(String fieldNameValueSeparator)
          フィールドの名前と値の区切り文字を設定します。
 void setFieldSeparator(String fieldSeparator)
          フィールドの区切り文字を設定します。
 void setNullText(String nullText)
          null が見つかった場合に出力されるテキストを設定します。
 void setShortClassName(boolean shortClassName)
          クラスの短縮名を使用するかフルネームを使用するかを設定します。
 void setSizeEndText(String sizeEndText)
          Collection、Map または Array のサイズを出力する際のテキストを設定します。
 void setSizeStartText(String sizeStartText)
          Collection、Map または Array のサイズを出力する際のテキストを設定します。
 void setSummaryObjectEndText(String summaryObjectEndText)
          オブジェクトの概要を出力する際のテキストを設定します。
 void setSummaryObjectStartText(String summaryObjectStartText)
          オブジェクトの概要を出力する際のテキストを設定します。
 void setUseClassName(boolean useClassName)
          クラス名を使用するかどうかを設定します。
 void setUseFieldNames(boolean useFieldNames)
          入力されたフィールド名を使用するかどうかを設定します。
 void setUseIdentityHashCode(boolean useIdentityHashCode)
          ハッシュコードを使用するかどうかを設定します。
 
クラス org.apache.commons.lang.builder.ToStringStyle から継承したメソッド
append, append, append, append, append, append, append, append, append, append, append, append, append, append, append, append, append, append, appendClassName, appendContentEnd, appendContentStart, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendDetail, appendEnd, appendFieldEnd, appendFieldSeparator, appendFieldStart, appendIdentityHashCode, appendInternal, appendNullText, appendStart, appendSummary, appendSummary, appendSummary, appendSummary, appendSummary, appendSummary, appendSummary, appendSummary, appendSummary, appendSummary, appendSummarySize, getShortClassName, isFullDetail
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

StandardToStringStyle

public StandardToStringStyle()
コンストラクタ。
Constructor.

メソッドの詳細

isUseClassName

public boolean isUseClassName()
クラス名を使用するかどうかを取得します。
Gets whether to use the class name.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の isUseClassName
戻り値:
現在の useClassName フラグ
the current useClassName flag

setUseClassName

public void setUseClassName(boolean useClassName)
クラス名を使用するかどうかを設定します。
Sets whether to use the class name.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setUseClassName
パラメータ:
useClassName - 新たな useClassName フラグ
the new useClassName flag

isShortClassName

public boolean isShortClassName()
クラスの短縮名を使用するかフルネームを使用するかを取得します。
Gets whether to output short or long class names.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の isShortClassName
戻り値:
現在の shortClassName フラグ
the current shortClassName flag

setShortClassName

public void setShortClassName(boolean shortClassName)
クラスの短縮名を使用するかフルネームを使用するかを設定します。
Sets whether to output short or long class names.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setShortClassName
パラメータ:
shortClassName - 新たな shortClassName フラグ
shortClassName the new shortClassName flag

isUseIdentityHashCode

public boolean isUseIdentityHashCode()
ハッシュコードを使用するかどうかを取得します。
Gets whether to use the identity hash code.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の isUseIdentityHashCode
戻り値:
現在の useIdentityHashCode フラグ
the current useIdentityHashCode flag

setUseIdentityHashCode

public void setUseIdentityHashCode(boolean useIdentityHashCode)
ハッシュコードを使用するかどうかを設定します。
Sets whether to use the identity hash code.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setUseIdentityHashCode
パラメータ:
useIdentityHashCode - 新たな useIdentityHashCode フラグ
useIdentityHashCode the new useIdentityHashCode flag

isUseFieldNames

public boolean isUseFieldNames()
入力されたフィールド名を使用するかどうかを取得します。
Gets whether to use the field names passed in.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の isUseFieldNames
戻り値:
現在の useFieldNames フラグ
the current useFieldNames flag

setUseFieldNames

public void setUseFieldNames(boolean useFieldNames)
入力されたフィールド名を使用するかどうかを設定します。
Sets whether to use the field names passed in.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setUseFieldNames
パラメータ:
useFieldNames - 新たな useFieldNames フラグ
the new useFieldNames flag

isDefaultFullDetail

public boolean isDefaultFullDetail()
明示されなかった場合に詳細情報を(デフォルトで)出力するかどうかを取得します。
Gets whether to use full detail when the caller doesn't specify.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の isDefaultFullDetail
戻り値:
現在の defaultFullDetail フラグ
the current defaultFullDetail flag

setDefaultFullDetail

public void setDefaultFullDetail(boolean defaultFullDetail)
明示されなかった場合に詳細情報を(デフォルトで)出力するかどうかを設定します。
Sets whether to use full detail when the caller doesn't specify.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setDefaultFullDetail
パラメータ:
defaultFullDetail - 新たな defaultFullDetail フラグ
the new defaultFullDetail flag

isArrayContentDetail

public boolean isArrayContentDetail()
配列の詳細な内容を出力するかどうかを取得します。
Gets whether to output array content detail.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の isArrayContentDetail
戻り値:
現在の配列の詳細な内容の設定
the current array content detail setting

setArrayContentDetail

public void setArrayContentDetail(boolean arrayContentDetail)
配列の詳細な内容を出力するかどうかを設定します。
Sets whether to output array content detail.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setArrayContentDetail
パラメータ:
arrayContentDetail - 新たな arrayContentDetail フラグ
the new arrayContentDetail flag

getArrayStart

public String getArrayStart()
配列の開始を示すテキストを取得します。
Gets the array start text.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getArrayStart
戻り値:
現在の配列の開始を示すテキスト
the current array start text

setArrayStart

public void setArrayStart(String arrayStart)
配列の開始を示すテキストを設定します。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the array start text. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setArrayStart
パラメータ:
arrayStart - 新たな配列の開始を示すテキスト
the new array start text

getArrayEnd

public String getArrayEnd()
配列の終了を示すテキストを取得します。
Gets the array end text.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getArrayEnd
戻り値:
現在の配列の終了を示すテキスト
the current array end text

setArrayEnd

public void setArrayEnd(String arrayEnd)
配列の終了を示すテキストを設定します。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the array end text.
Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setArrayEnd
パラメータ:
arrayEnd - 新たな配列の終了を示すテキスト
the new array end text

getArraySeparator

public String getArraySeparator()
配列の区切り文字を取得します。
Gets the array separator text.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getArraySeparator
戻り値:
現在の配列の区切り文字
the current array separator text

setArraySeparator

public void setArraySeparator(String arraySeparator)
配列の区切り文字を設定します。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the array separator text. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setArraySeparator
パラメータ:
arraySeparator - 新たな配列の区切り文字
the new array separator text

getContentStart

public String getContentStart()
内容の開始を示すテキストを取得します。
Gets the content start text.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getContentStart
戻り値:
現在の内容の開始を示すテキスト
the current content start text

setContentStart

public void setContentStart(String contentStart)
内容の開始を示すテキストを設定します。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the content start text. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setContentStart
パラメータ:
contentStart - 新たな内容の開始を示すテキスト
the new content start text

getContentEnd

public String getContentEnd()
内容の終了を示すテキストを取得します。
Gets the content end text.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getContentEnd
戻り値:
現在の内容の終了を示すテキスト
the current content end text

setContentEnd

public void setContentEnd(String contentEnd)
内容の終了を示すテキストを設定します。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the content end text. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setContentEnd
パラメータ:
contentEnd - 新たな内容の終了を示すテキスト
the new content end text

getFieldNameValueSeparator

public String getFieldNameValueSeparator()
フィールドの名前と値の区切り文字を取得します。
Gets the field name value separator text.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getFieldNameValueSeparator
戻り値:
現在のフィールドの名前と値の区切り文字
the current field name value separator text

setFieldNameValueSeparator

public void setFieldNameValueSeparator(String fieldNameValueSeparator)
フィールドの名前と値の区切り文字を設定します。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the field name value separator text. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setFieldNameValueSeparator
パラメータ:
fieldNameValueSeparator - 新たなフィールドの名前と値の区切り文字
the new field name value separator text

getFieldSeparator

public String getFieldSeparator()
フィールドの区切り文字を取得します。
Gets the field separator text.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getFieldSeparator
戻り値:
現在のフィールドの区切り文字
the current field separator text

setFieldSeparator

public void setFieldSeparator(String fieldSeparator)
フィールドの区切り文字を設定します。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the field separator text. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setFieldSeparator
パラメータ:
fieldSeparator - 新たなフィールドの区切り文字
the new field separator text

getNullText

public String getNullText()
null が見つかった場合に出力されるテキストを取得します。
Gets the text to output when null found.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getNullText
戻り値:
現在の null が見つかった場合のテキスト
the current text to output when null found

setNullText

public void setNullText(String nullText)
null が見つかった場合に出力されるテキストを設定します。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the text to output when null found. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setNullText
パラメータ:
nullText - 新たな null が見つかった場合のテキスト
the new text to output when null found

getSizeStartText

public String getSizeStartText()
Collection、Map または Array のサイズを出力する際のテキストを取得します。 これはサイズの値の前に出力されます。
Gets the text to output when a Collection, Map or Array size is output. This is output before the size value.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getSizeStartText
戻り値:
現在のサイズ開始のテキスト
the current start of size text

setSizeStartText

public void setSizeStartText(String sizeStartText)
Collection、Map または Array のサイズを出力する際のテキストを設定します。 これはサイズの値の前に出力されます。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the text to output when a Collection, Map or Array size is output. This is output before the size value. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setSizeStartText
パラメータ:
sizeStartText - 新たなサイズ開始のテキスト
the new start of size text

getSizeEndText

public String getSizeEndText()
Collection、Map または Array のサイズを出力する際のテキストを取得します。 これはサイズの値の後に出力されます。
Gets the text to output when a Collection, Map or Array size is output. This is output after the size value.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getSizeEndText
戻り値:
現在のサイズ終了のテキスト
the current end of size text

setSizeEndText

public void setSizeEndText(String sizeEndText)
Collection、Map または Array のサイズを出力する際のテキストを設定します。 これはサイズの値の後に出力されます。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the text to output when a Collection, Map or Array size is output. This is output after the size value. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setSizeEndText
パラメータ:
sizeEndText - 新たなサイズ終了のテキスト
the new end of size text

getSummaryObjectStartText

public String getSummaryObjectStartText()
オブジェクトの概要を出力する際のテキストを取得します。 これはサイズの値の前に出力されます。
Gets the text to output when an Object is output in summary mode. This is output before the size value.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getSummaryObjectStartText
戻り値:
現在の概要開始のテキスト
the current start of summary text

setSummaryObjectStartText

public void setSummaryObjectStartText(String summaryObjectStartText)
オブジェクトの概要を出力する際のテキストを設定します。 これはサイズの値の前に出力されます。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the text to output when an Object is output in summary mode. This is output before the size value. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setSummaryObjectStartText
パラメータ:
summaryObjectStartText - 新たな概要開始のテキスト
the new start of summary text

getSummaryObjectEndText

public String getSummaryObjectEndText()
オブジェクトの概要を出力する際のテキストを取得します。 これはサイズの値の後に出力されます。
Gets the text to output when an Object is output in summary mode. This is output after the size value.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の getSummaryObjectEndText
戻り値:
現在の概要終了のテキスト
the current end of summary text

setSummaryObjectEndText

public void setSummaryObjectEndText(String summaryObjectEndText)
オブジェクトの概要を出力する際のテキストを設定します。 これはサイズの値の後に出力されます。 nullの入力は受け付けられますが、これは空の文字列に変換されます。
Sets the text to output when an Object is output in summary mode. This is output after the size value. Null is accepted, but will be converted to a blank string.

オーバーライド:
クラス ToStringStyle 内の setSummaryObjectEndText
パラメータ:
summaryObjectEndText - 新たな概要終了のテキスト
the new end of summary text


このドキュメントは、Ja-Jakartaにより訳されました。 コメントがある場合は report@jajakarta.orgまでお願いします。
Translated into Japanese by jajakarta.org. The original page is here.
Copyright (c) 2002-2003 - Apache Software Foundation